ブイゼルは浮き輪をつけたラッコかと思っていたが違った

今回はブイゼルです。

ポケモンGOのブイゼル

うーん? なんでしょう、この生きものは?

ラッコでしょうか?

浮き輪をつけたラッコ、というのが初見の感想です。

でもどうやって戦ったりするのか、想像もできません。

ではブイゼルについて調べてみます。

ポケモンGO図鑑におけるブイゼルの説明文

ポケモンGO図鑑のブイゼル

図鑑No:418 ブイゼル
重さ:29.5kg
高さ:0.7m
タイプ:みず
うみイタチポケモン
『首の浮き袋をふくらませ水面から顔をだして辺りの様子をうかがっている。』

うみイタチポケモンという、またレアそうな分類のポケモンがでてきました。

タイプは予想通りのみず

しかしラッコではなくてうみイタチ。

というかそもそもうみイタチってなんなのでしょう。

聞いたことはありませんが、そういう種が現実世界にもいるのでしょうか。

首につけているのが浮き輪ということだけは合っていたみたいですw

ブイゼルの英語名

ブイゼルの英語表記はBuizelです。

この英語名は二つの英語で構成されています。

ひとつはbuoyで『浮標』。海に浮いているブイのこと。

そしてもうひとつがweaselで意味は『イタチ』です。

このふたつを組み合わせてBuizelという英語名となったようです。

というかむしろ、英語名の方が日本名の元になっていると言ったほうが良いかもしれません。

ブイゼルとは? ブイゼルの特徴

ブイゼルの特徴を簡単にまとめてみました。

うみイタチとはなにやら聞き慣れない分類だが、そのまんま海に住むイタチの事だろう。恐らくはイタチの仲間であるウミベミンクの事を指すと思われる。
名前の由来はbuoy(英:浮標)+weasel(英:イタチ)だろう。なお、浮き輪はbuoyではなく英語でfloatなのでお間違いなきよう。
首の周りの浮き袋に空気を溜め込み、浮き輪の様に膨らませて水面に浮かぶ。
尾が二股に分かれており、スクリューの様に回転させて水中を泳ぐことができるが、
それ以外にも、まとわりつく海草も切ることができる。

ピクシブ百科事典ブイゼルのページより引用

ウミベミンクという動物はイタチ科らしいのですが、すでに絶滅してしまったようです。

ですので、うみイタチはポケモン世界にしかいないということになるのかもしれません。

名前の由来とか、調べないと完全に分かりませんでしたねw

ブイゼルのブイは海に浮かんでいるあのブイのことを指すのかな? くらいには思ったでしょうが。

二股の尻尾でスクリューのように回転させて泳ぐとのこと。

先日のタマザラシと違って、海の中での機動力は高そうです。

タイトルとURLをコピーしました