私もだまされた! 技巧派ポケモンウソッキー!

今回調べたのはウソッキーです。

明らかに木にしか見えないポケモンですね。

名前から推測するに嘘をついている木、つまり木に擬態しているポケモンということではないでしょうか。

しかし恰好だけ見るとちょっとだけチアガールっぽいですね。

両手の葉っぱもチアガールが持っているポンポンに見えますし、かわいいと言えばかわいいです。

それではウソッキーがどういったポケモンなのか見てみましょう。

ポケモンGO図鑑におけるウソッキーの説明文

図鑑No:185 ウソッキー
重さ:38.0kg
高さ:1.2m
タイプ:いわ
まねポケモン
『敵に襲われないように木のふりをする。両手は1年中緑色なので冬は偽物だとすぐにばれてしまう。』

なんとまねポケモンという超がつきそうなレアっぽいポケモン。

もっとも、私が知らないだけで他にもまねポケモンがいる可能性はありますが……。

重さ38.0kgとかなりの重量級。

それもそのはず。

タイプがくさではなくいわなのです。

初めてこのポケモンを見たとき、タイプがいわだとは誰だって夢にも思わないでしょう。

さすがウソッキー。

まねポケモンの名に恥じぬ擬態の仕方です。

しかし、実際は両手がずっと緑色のせいで冬は擬態がばれてしまうとかw

ミネズミといい、こういう抜けたところのあるポケモンは憎めませんねw

ちなみにこのウソッキーは進化後のポケモンのようです。

アズマオウに続いて2体目ですね。普通にモンスターボールでゲットして図鑑にまとめた進化ポケモンは。

なお、私はまだゲーム中にポケモンを進化させたことがありませんw

ウソッキーの英語名

ウソッキーの英語表記はSudowoodoです。日本語で発音するなら「スードウード」でしょうか。

『木材』などの意味であるwoodが入っているのは分かりますが、では他の部分はどういった意味なのでしょう?

調べてみたところ、pseudoという言葉が当てはまるようです。

pseudoには『偽りの』『見せかけの』といった意味があります。

pseudoとwoodを組み合わせてSudowoodoという英語名になったようです。

『偽りの木材』とかそういった感じの意味合いを持つ言葉になるのでしょう。

ウソッキーとは? ウソッキーの特徴

ウソッキーの特徴を簡単にまとめてみました。

「ポケモン金銀」から登場した、第二世代を代表するポケモンの一匹。
樹木のようなくさタイプにしか見えない姿をしており、腰を曲げ両手の先に葉のようなものを持つ外観は松の木を彷彿とさせる。

しかしタイプを確認すると判るとおり「いわタイプ」であり、身体の造りは石や岩などの鉱物に近い。名前の由来も「嘘つき」と「嘘の木」のダブルネーミングからと思われる。
いわタイプの中でも水気を特に嫌っており、雨になると忽然と姿を消す。この様な姿を取っているのも苦手なみずタイプの攻撃を受けない様にする為である。
くさタイプと見せかけてのいわタイプというのはなかなか巧妙で、それぞれのメジャーな弱点であるほのお・ひこうに耐性を持ち、みず・くさ・じめんを弱点としているため初見のトレーナーはほぼ騙される。

ピクシブ百科事典ウソッキーのページより引用

名前の由来に関してはまさに私が思っていた通りでした。

でも私は木のポケモンがただの木に擬態しているだけだと思っていましたから、なんだか負けた気分ですw

まさか本性がいわだなんて思いませんよねw

実際、ウソッキーを初めて見たトレーナーはほぼ騙されてしまうとのこと。

私はほとんどポケモンバトルはやっていないので耐性や弱点に関しては分かりませんが、要するに相手がパーだと思ってチョキを出したら実は相手はグーだった、みたいなものなのでしょう。

技をしかけたらあっさりと返り討ちにあいそうですね。

初見でやられるとなかなかインパクトがありそうです。

でもそういう経験を積んでトレーナーは強くなっていくのですね。

ウソッキーは初心者トレーナーの前に立ちふさがって道をふさぐ、最初の壁のようなものなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました