シャドウバースにおいて、ルールとカード内容の変更が近々行われます

ついに初のルール&カード内容変更が発表されました!

本日、シャドウバースゲーム内において「8月アップデート時のルール変更とカードのコスト変更について」という情報が公開されました。

IMG_1874

簡単にまとめると8月のアップデート時に、

・後攻の1ターン目のみ、ターン開始時に引くカードが2枚になるルール変更

・エルフクラスのシルバーレア『収穫祭』のコストが2から4になる

という調整が入ります。

この変更にともない、期間限定で『収穫祭』を分解した時のレッドエーテルが200になるとのこと。

後攻時の1ターン目ドロー枚数増加について

ルール変更については、先攻有利である現状に対する調整です。

現在後攻側は進化できるのが1ターン早く、さらに進化回数も1回多いですが、それでも先攻側が有利というデータが取れたそうです。

現状の初期カード3枚マリガンルールだと、序盤に必要なカードがなくて事故ることがたまにあるので4枚チェンジにしてくれないかな、と思っていたのですが、マリガン時の枚数は以前と同じ3枚ということですね。

この調整で今の時点で分かる変化は、ウィッチが強化されるということですね。

初期の手札が増えるということは、スペルブーストの恩恵を受けるカードが1枚増えるということですし。

現在ウィッチはあまり強いリーダーとは思われていないようですが、この調整がウィッチ隆盛のきっかけとなるかもしれませんね。

といっても後攻のみなので、それだけは気をつけておいたほうが良いでしょう。

『収穫祭』について

そして『収穫祭』に関する調整について。

たしかに『収穫祭』は一度条件を満たし始めると、もはやそれ以降ほぼ毎ターンカードを引ける、『漆黒の契約』もびっくりの強カードでしたから、この修正は分からなくもありません。

私はエルフのデッキはミッションを消化するときくらいしか使っていませんが、それでも『収穫祭』が強いのは使ってみてすぐに分かりましたからね。

ちなみに『収穫祭』の調整については、後攻時のカードが増えることの影響もあるようです。

いわゆる『冥府への道』デッキが後攻時に大きく強化されると予想され、そのためにあらかじめ調整をしておいたとのこと。

個人的には他にもいくつか調整を入れて欲しかったカードがありますが……。

あとは8月のアップデート以降でどのような環境になるか次第でしょうか。

9月のアップデート時にも別の調整が入ります

上記の調整に加え、9月以降、手札の上限が9枚になる変更が行われます。

これは上記の後攻時の手札が増えることで、手札の上限枚数を突破してしまう可能性が増えることに対する調整ですね。

手札を貯めこむタイプのリーダー、ウィッチとエルフにとって恩恵が大きいでしょう。

今後、他のカードもエラッタが入る可能性があります

今回調整が入ったことにより、他のカードについても今後エラッタが普通に適用されることが起こりそうです。

カードに対する調整を適宜行えるのは、印刷を必要としないデジタルカードの利点でもあります。

今回の調整には他のプレイヤーの方は賛否両論のようですが、こうして調整が入ること自体は悪くないことだと思っています。

問題はこの『収穫祭』に対する調整でエルフというクラス全体がどうなってしまうのか、ということでしょうね。

『冥府への道』デッキが弱体化されるのは仕方ないかなと思いますが、エルフ自体が弱くなるとちょっと問題でしょうし。

そしてルール変更ではたして後攻側がどれほど強化されるのか?

8月以降は環境がガラリと変わってしまいそうですね。

私も環境の変化について行けるように頑張りつつ、シャドウバースというカードゲームをこれからも楽しんでいきたいです。

 

タイトルとURLをコピーしました